鍼灸の治療対象になりうる病気

 対象動物 :   犬 ・  猫  ・  (ウサギ)

 

 治療対象になりうる状態の例

   

    (1)足腰や背中などの痛みや麻痺・跛行(ビッコを引いている)など

             椎間板ヘルニア・馬尾症候群・関節炎・神経麻痺・首/膝/股関節の問題など

 

    (2)内科的な問題など

             食欲不振・下痢・嘔吐・便秘・尿失禁・膀胱炎・原因不明の血尿・

             腎疾患・心疾患・眼疾患・耳疾患・内分泌疾患・自己免疫疾患・

             アトピー性皮膚炎・てんかん・前庭疾患・問題行動・夜鳴き・

             疼痛管理・高齢動物や介護動物の体調管理・腫瘍のターミナル期・

             終末期ケア・とにかく少しでも楽に過ごさせてあげたいとき  など